旦那に内緒で元彼にもらった腕時計を使用していましたのですが…

私は先日、長年使用していた腕時計をブランド品の買い取りのお店で売りました。

なぜなら、結婚前に交際していた彼にもらったプレゼントだったのでいつまでも使用するのも複雑だったことと結婚し出産をしてブランド品の腕時計を付ける機会が減った上に普段の服装と見合わないと思いお金に換えてしまおうと売りました。

腕時計はカルティエの10万円を超える腕時計で交際した頃、誕生日プレゼントとしてもらいました。

シンプルなシルバーの中にもピンクゴールドの配色が女性らしさをアピールしてくれるので気に入ってはいたのですが、子育てをする日常では使用する機会も少なければ時計に合うような服装もしなくなってしまっていました。

元彼にもらったものであることは旦那には内緒で使用していたのですが、専業主婦になり節約を心がける生活をする中で少しでも生活費の足しになる方が有効的かと思い売りました。

なんと販売価格は思っていたよりも高額の2万円にもなり、私としては満足のいく価格でした。

そのお金はこれと言ったものに使用したわけでもなくとりあえず貯金に回しましたが、いつか家族のために有効的に使えれば良いかなと思っています。

お金になっただけでなく、元彼からもらったものと言う繋がりもなくなり後ろめたさもなくなりました。

親戚のおじさんにもらった海外製の腕時計

親戚によく海外へ仕事の出張などで行くおじが、あるときアメリカへ行ったときに腕時計を買ってきてくれました。

しかしそのときは、腕時計についてあまり関心がなかったのでもらったときはあまりうれしくはありませんでした。

しかし年月がたって、そろそろ腕時計をつけたいなと思ったときにふと押入れの中にしまってあることを思い出しました。

そのときに少しほこりをかぶった時計の入った箱を取り出しました。箱を開けると銀色の時計が見えました。とてもかっこいいものだなと思いました。

そしてスケルトンというタイプで、巻くところが裏から見えるタイプになっていました。そのとき、この時計がとても輝いて見えました。

それからこの腕時計を学校に付けていくようにしました。周りの友達にも「その時計すごくかっこいいね」といってくれました。この時計をつけて本当に良かったなと思いました。

ただすこし気になった点があります。それは、少し重たいなと思いました。

今ではそんなに気になくなりましたが、付け始めた当時は、違和感がすごく残っていました。しかし、外見がかっこよかったのでつけていられました。

ただ秒針もなく、日時も自分で調整しないといけないので、お出かけ用で使用したいです。